初期費用を抑えるならフリーレントを探せ!

前家賃にフリーレントが適用出来れば初期費用が安くなります

賃貸物件を借りる際には、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料など月額賃料の5ヶ月分程度必要となることが一般的です。物件により礼金の有無や敷金の月数には差があるものの、仲介手数料と前家賃はかかります。しかし、フリーレント物件を選べば前家賃部分が1ヶ月または2ヶ月無料となるので、最初に納める初期費用を軽減出来ます。
入居時には引越し費用が別途掛かるので、入居月は生活が苦しくなりがちです。フリーレントの物件を選べば、1ヶ月分程度の家賃を減額出来るので、仲介手数料が無料となる部屋と合わせて初期費用を抑えた物件選びの幅が広がるでしょう。礼金がゼロの物件の中にもフリーレント期間を1ヶ月または2ヶ月設けている場合があり、同じ建物であっても特定の部屋だけキャンペーンを張っていることも少なくありません。

フリーレントの物件はすぐに空室を埋めたい理由がある

オーナーが身銭を切ってフリーレント期間を設定して、すぐにでも入居して欲しいと考えているケースがあります。礼金ゼロとなっている物件の中には、オーナーが金融機関から住宅ローンや不動産投資ローンを組んで借入を行って建てた物件があります。金融機関からの融資がある物件では、礼金を受け取れないルールとなっているからです。
フリーレントを設定してでも入居者を集めて、空室を早く埋めることが何よりも優先されています。賃料から住宅ローンの返済を行っている場合には、空室率が一定以下に下がるとオーナーは賃料収入がローン支払い額を下回り赤字となってしまう危険性があるからです。最後まで残りそうな部屋のみ先にフリーレント期間を設定して募集をすれば、人気の高い部屋は自動的に埋まるのでフリーレント設定は必要無いわけです。賃貸経営上の都合から、お得に借りられるならばお得でしょう。

小樽の賃貸マンションのメリットは、たくさんの数があることです。そのため、充分な比較検討が可能になります。