こんなに安い家賃でいいの?定期借家の秘密

契約期間がカギ!定期借家制度とは

以前の借家契約では空き室が多く、住宅をより活用していくために2000年に施行された制度が「定期借家制度」です。
定期借家とは、あらかじめ決めてある契約期間になると、賃貸契約が終了する物件であることを意味します。つまり貸主の「この部屋を2年間だけ貸しますよ。」という取り決めに納得した上で、借りる部屋のことです。決められた期間を過ぎた後は、貸主・借主が合意した場合において、借主は同じ部屋に住み続けることができます。この場合は更新とは異なり、再契約の形をとることになります。
今までの契約では、貸主は「正当な事由」がない限り、借主からの契約更新を断ることができませんでした。そのため借主は自分の好きな期間、部屋を借りて住むことができたのです。

お得に部屋を借りたい人におすすめ!定期借家のメリット

借主が好きな期間借りた部屋に住むことができないため、「定期借家」は不便だと考える方もいるでしょう。しかしメリットはいくつもあります。
定期借家は相場より賃料が安かったり、礼金が低めになっている場合が多いです。契約期間が限定されている物件のため、貸主は空き室のリスクを防ぐために賃料や礼金を下げる対策を行っています。また貸主とすれば契約期間が過ぎれば、問題がある借主だとしても立ち退き料を払わず退去をしてもらえるため、入居の際の審査が比較的容易になります。1年に満たない短期間での契約も可能であり、転勤や職場の都合等で1年や半年だけ借りたいという時にも利用しやすいです。
さらに定期借家は、住民の質が良い傾向があります。契約期間が過ぎた場合、貸主と借主の合意がなければ再契約はできず、マナーの悪い借主の場合は住み続けることが難しいでしょう。必然的にトラブルを起こす住民がいなくなります。